開く

福井キヤノンマテリアル沿革

旧キヤノンアプテックス株式会社
1953 東京都板橋区に第一精機工業(株)を設立
1963 マイクロフィルムの自動現像機の開発・製造を開始
1972 キヤノン(株)が資本参加
1985 茨城県水海道市(現常総市)に本社移転
1991 キヤノンアプテックス(株)に社名変更
1993 茨城工場がISO9002認証取得
1995 MIP(Multiple Image Printer)「P-400C」初出荷
茨城本社がBS7750(後にISO14001)認証取得
1998 東証二部へ上場
1999 IJインク、IJカートリッジの製造を開始
旧コピア株式会社
1923 東京都中央区築地に丸星商店創業
1924 日本発の大型青写真機械A型を製造
1938 東京都三鷹市に工場新設
1945 東京都赤坂に丸星機化工業設立
1951 世界初の卓上湿式シジアゾ複写機「M型」開発
1961 社名をコピア(株)に変更
東証第二部上場
1974 PPC(普通紙複写機)発売
1979 キヤノン(株)が資本参加
1980 東京都三鷹市に本社移転
1992 福井県福井市に福井工場新設
1993 甲府、福井の2工場がISO9002認証を取得
1996 立川、甲府、福井の3生産拠点でISO14001認証取得
本社・3工場の品質管理認証をISO9001に統合
1997 初めて大判インクジェットプリンター発売
旧キヤノンファインテック株式会社
2003 キヤノンアプテックス(株)、コピア(株)が合併し、キヤノンファインテック(株)に社名変更
2005 産業用デジタル印刷機ビジネスに参入 ISO14001をキヤノングループ(国内)で統合して取得
2006 キヤノンファインテック海外拠点2社(蘇州・深圳)がISO14001統合認証を取得
2007 埼玉県三郷市に本社開発センター新設
2010 キヤノン(株)による完全子会社化
福井キヤノンマテリアル株式会社
2017 旧キヤノンファインテック(株)の化成品事業部門を分社化し、福井キヤノンマテリアル株式会社 設立